BEAR_collection_logo

scroll

white_circle
white_circle
white_triangle
white_square
white_square
white_d
half-circle
half-line

BEAR_collection_logo

今ある『モノ』に新たな感動を!
商品や印刷からARの機能で新たな価値を創り出す。

square
line
d
half-circle
circle
triangle
smart_phone

Bear =クマ

be AR =ARである

What’s BeAR

2つの意味から成り立つ『BeAR』(ベアー)。
『モノ』として数々のグッズ化も行われ、可愛いモチーフとしても愛される象徴のクマに『AR』(拡張現実)を身近に組み合わせることで新たな付加価値を付けるという想いから名付けられました。
アイコンデザインにもある点の集合体であるクマは童話スイミーのようにそれぞれの点がこの『BeAR』のシステムを利用する個の集合体から成り立っており、全体で1つの大きな価値を創り出していくビジョンを描いております。

ARを利用して、
参加パートナーと
垣根を
超えた新しい感動を
つくりませんか?

現在、事前登録の他、参加パートナーも募集しております。

事前登録
smart_phone

こんな状況に
ARが活躍します!

Active scene

  • イベント型

    イベント型

    イベントに必要なポスターやチラシ、配布物等の広告から展示物、商品やパッケージまで情報やデジタルコンテンツを追加することができます。

  • 店頭型

    店頭型

    体験型のショッピングに繋がる情報を実際の商品やPOPに付随でき、販促、集客に特徴づけを可能とします。

  • 店頭型

    紹介型

    名刺やカタログ、紙面に載りきらない情報や特徴を紹介することができます。

triangle
triangle
square
line
half-circle
d
circle

logo-textでは、
現実の延長線にあるワクワクを表現します

3つのポイント

Point

smart_phone
  • POINT

    様々なデバイス上でのAR表現

  • POINT

    データ取得でマーケティングに活用

  • POINT

    業種の垣根を越えた企業マッチング

様々なデバイス上でのAR表現

様々なデバイス上での
AR表現

スマートフォンなどのデバイスをかざすと、商品やデザインの特徴に反応し、登録した画像や音声、動画、3Dデータなどのデジタルコンテンツを表すことができます。

データ取得でマーケティングに活用

データ取得で
マーケティングに活用

デジタルコンテンツがどこで何回表現されたか、どのような需要に当てはまっているかをデータ化し抽出することができます。

業種の垣根を越えた企業マッチング

業種の垣根を越えた
企業マッチング

ARの機能だけではなく、それぞれの企業や個人で活動を行ってきた経験を活かし、協業体制により1社ではまかなえきれなかった新しい分野の感動を、多くの登録企業や私たちと共に創り出すことができます。

料金(予定)

Fee

  • ライトプラン

    light PLAN

    月払い

    25,000

    (初回、半年継続契約が必要です)

    無料で始める
    • コンテンツ数

      20コンテンツ

  • ノーマルプラン

    normal PLAN

    月払い

    40,000

    (初回、半年継続契約が必要です)

    無料で始める
    • コンテンツ数

      40コンテンツ

  • プレミアムプラン

    premium PLAN

    月払い

    70,000

    (初回、半年継続契約が必要です)

    無料で始める
    • コンテンツ数

      500コンテンツ

ARを利用して、参加パートナーと
垣根を超えた新しい感動をつくりませんか?

現在、事前登録の他、参加パートナーも募集しております。

事前登録
smart_phone

事前登録

Partner

サービス開始次第、一番にご連絡差し上げます。
また、参加パートナーの登録もお待ちしております。

プライバシーポリシーはこちら